今すぐにユニークボックスに相談したい方こちら!
選考対策

【商社から転職】商社マンからM&A業界へ転職する方の特集記事

本記事はこんな方におすすめ

・商社マンの方で転職を検討している方
・商社マンの方でM&A業界に転職することを検討しているかた
・商社マンとM&A業界の仕事や文化の違いを知りたい方

そんな方のために、本記事では以下のことを解説します。

この記事を読むと分かること
  • 商社マンの仕事とM&Aの仕事の共通点
  • 商社マンの方がM&A業界に転職するメリットとデメリット
  • 商社マンとM&A業界の仕事や文化の違い

M&Aコンサルタントとして活躍されている方の中には、大手総合商社や大手の専門商社等の前職が商社マンの方が多くいらっしゃいます。

今回の記事では、商社マンの方にフォーカスしてM&A業界への転職事情を解説したいと思います。

代表梶川の写真

以下の実績を持つ筆者が徹底解説します

\筆者の実績/

・M&A仲介会社への転職に特化した転職支援サービスである合同会社ユニークボックス代表
・大手M&A仲介会社とベンチャーM&A仲介会社に勤務していた
・300名以上の方との面談を通して、M&A業界の転職を成功させるノウハウを確立

数多くの転職エージェントが存在していますが、「実際に勤務していたからこそ可能な独自の選考対策」が可能な会社はかなり少ないです。その中でも、弊社は大手とベンチャーの両方のM&A仲介会社で勤務したことがあるため、業界な稀有な存在として認知していただいています。

商社マンの仕事とM&Aコンサルタントの仕事は親和性が高い

商社の営業マンとしてキャリアを積まれてきたかたは、M&Aコンサルタントとしても成功されている方が多くいらっしゃいます。

M&Aと商社はあまり関係が無さそうですが、具体的には以下のような点で、親和性が高いです。

  1. M&A仲介も商社も、売り手と買い手をつなぐ仕事であること
  2. 両者ともにダイナミックな仕事であること

それぞれの背景を詳細に解説していきます。

無料で転職相談する

M&A仲介も商社も、売り手と買い手をつなぐ仕事であること

M&A仲介と商社は全くビジネスモデルが違うように思えますが、売り手と買い手をつなぐ仕事である点で、類似しています。重要なのは、買い手だけ納得すればビジネスが成立するわけではないという点です。例えば、メーカーは買い手が「買いたい」と言えば、すぐに売ることができますが、仲介事業は仮に買い手が「買いたい」といってくれても、売り手が「売らない」といえばビジネスは成立しないのです。

その観点で、両者ともにアレンジャーとしての素養が求められる仕事であることがお分かりいただけるかと思います。

このような経験を前職で経験してきている方は、M&Aコンサルタントの仕事にもスムーズに適応できるようです。

代表梶川の写真

顧客の信頼を得ることと、アレンジする力は、ビジネスマンとして高い能力が求められる仕事だと思います

両者ともにダイナミックな仕事であること

M&Aは少数の人数で大きなことを行う、ダイナミックな仕事です。商社も、数人で数百億円という金額を動かすため、ダイナミックな仕事ですね。このような、ダイナミックな仕事は、そのような経験を持っていない人にとっては尻込みしてしまうような側面があるのですが、商社出身の方はそのようなダイナミックなディールにも果敢に挑んでいくことができる印象を筆者は持っています。

無料で転職相談する

商社マンの方がM&A業界に転職するメリットとデメリット

商社マンの方がM&A業界に転職するメリットとデメリットを以下の通りピックアップしてみました。業界の安定性や仕事内容に基づくところが多いかと思います。

メリット
  • ゼロから仕事を作り出すという経験ができる
  • 成果が上がれば上がった分だけ給料に反映される
デメリット
  • 生活の安定は手放さなければならない
  • 商社と比べると会社の看板を活用した営業はできない

一つ一つ解説していきます。

メリット

商社はどこの会社も固い、体育会系の社風が現在でも色濃く残っている印象があります。一方で、M&A業界は自由闊達で風通しの良い文化です。そのような環境で仕事がしたい方は、転職することでメリットが大きくあると思いますが、仕事内容や給与面でもメリットが大きくあります。

ゼロから仕事を作り出すという経験ができる

M&Aの仕事は、全てゼロから作り上げていく仕事です。案件ごとに特性が異なるため、ルーティーンの仕事というのはほぼ存在しないと言えるでしょう。一方で、商社の仕事は会社の規模にもよるかと思いますが、多くの仕事が既存顧客を相手にしたルーティーンに近い仕事かと思います。

M&A業界に転職することで、自分から案件を発掘し、成約させていく、0から1の仕事を経験することができます。

成果が上がれば上がった分だけ給料に反映される

商社の業界は、年功序列の給与体系をとっている会社がほとんどだと思います。このため、せっかく頑張って仕事をして売上を上げても給料は同期一律なんていうこともざらかと思います。

一方で、M&A業界ではダイレクトにインセンティブという形で成果が給料に反映されるため給料への納得感は高まります。

デメリット

メリットばかりではなく、デメリットもあります。

生活の安定は手放さなければならない

商社にいつづければ、30歳で年収〇〇万円になって、40歳なら◻︎◻︎万円くらいだなと想像がつくと思います。これは、良くも悪くもということになりますが、人生設計はしやすく、生活の保証を得た上で仕事をすることができるのは、商社に勤める最大のメリットかもしれません。

一方で、M&A業界は成果が出なければ退職するという慣例があるため、常に走り続けて、そして活躍し続けなければならないというプレッシャーとともに仕事をしていくことになります。

代表梶川の写真

自分で仕事を作り出さないといけないという点で、生活の安定性はM&A業界の方が低いと思います

商社と比べると会社の看板を活用した営業はできない

商社で活躍していた方のなかで、ルート営業の経験しかないという方が案外多いです。そのような方は、新規開拓が中心となるM&Aコンサルタントの仕事に従事した後で、躓くケースがみられます。

理由としては、今までの取引や、会社の看板によって、ある程度の信頼関係を築いた上で仕事をすることと、0から信頼関係を構築していくことは全く仕事の難易度が異なるからです。

思い当たるところがある方は、新規営業でもやっていける営業力を銀行で養えるように努力してみましょう。

代表梶川の写真

看板営業をしていた方は、看板の持つ力に気が付かないことが多いですね

無料で転職相談する

商社業界とM&A業界の仕事や文化の違い

商社業界とM&A業界は両者ともに仲介業という点で共通点はあるのですが、実際の仕事内容は大きく異なります。案外、M&A仲介会社の仕事は地味な部分も多く、前職の商社で海外を股にかけて仕事をしてきたような方にとっては、少し物足りないと感じるケースもあるようです。

一方で、商社業界では感じることができなかった、「本当にお客さんが感謝してくれる時の喜び」や「ゼロから仕事を作り出すやりがい」を感じられるのがM&A業界だと思います。

一長一短ありますが、M&A業界の魅力をもっと知りたいという方は是非一度ご相談ください

M&A仲介会社への転職ならユニークボックス

代表梶川の写真

下記の強みが、あなたの転職を成功に導きます!

  1. M&A業界特化型転職エージェント
  2. 大手M&A仲介会社出身のキャリアアドバイザーが多数在籍
  3. 実際に働いていたからできる綿密な面接対策で、高い内定率を実現
  4. 弊社独自の特別選考ルートを多数確保

\秘密保持の観点から記事には書けない転職情報も多数保有/

無料で転職相談する

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

TOP