今すぐにユニークボックスに相談したい方こちら!
選考対策

【ランキング】M&A仲介に転職に有利な資格ランキング!

本記事はこんな方におすすめ

・M&A仲介業界への転職を検討している方
・M&A仲介への転職において有利に働く資格を知りたい方
・資格を複数保有していて有利に働く業界を知りたい方

そんな方のために、本記事では以下のことを解説します。

この記事で分かること
  • M&A仲介への転職で有利に働く資格
  • その資格が有利に働く理由
  • M&A仲介への転職に必須な資格

今回はM&A仲介業界に転職するにあたって、有利に働く資格をランキング形式で発表していきます。

大前提、資格の有無よりも候補者の方の能力や今までの実績、そしてM&A仲介業界への熱意や理由が選考では大切になります。

しかし、少しでも有利に選考を進めたいという方もいるのではないでしょうか。そのような方へ向けて、M&A仲介会社の選考において有利に働く傾向にある資格をM&A仲介業界に特化した人材エージェントであるユニークボックスが解説していきます。

少しでも選考を有利に進めたい方で何かしら資格を取得したい方や、何かしら既に資格を持っていてそれが有利に働くかを知りたい方は是非ご覧ください。

代表梶川の写真

M&A業界に精通した筆者が徹底解説!

\筆者の実績/

・M&A仲介会社特化型の転職支援サービスの社長
・大手M&A仲介会社、ベンチャーM&A仲介会社を経験
・300名以上の転職サポート経験からM&A業界への転職成功ノウハウを確立

弊社は、多くの転職エージェントの中でも数少ない 「実際に勤務していたからこそ可能な独自の選考対策」 を提供してます。その中でも、大手とベンチャーの両方のM&A仲介会社での勤務経験があるため、業界では稀有な存在として認知していただいています。

無料で転職相談してみる

M&A仲介会社への転職ならユニークボックス

代表梶川の写真

4つの強みであなたの転職を成功に導きます!

  1. M&A業界特化型転職エージェント
  2. 大手M&A仲介会社出身のキャリアアドバイザーが多数在籍
  3. 実際に働いていたからこその綿密な面接対策で、高い内定率を実現
  4. 弊社独自の特別選考ルートを多数保有

\秘密保持の観点から記事には書けない転職情報も多数保有/

無料で転職相談する

転職に有利に働く資格ランキング!

初めに結論です。第1位から第5位までは以下の通りです。

  • 第1位 公認会計士・税理士
  • 第2位 弁護士
  • 第3位 中小企業診断士
  • 第4位 宅地建物取引士
  • 第5位 簿記2級

また上記以外でも証券外務員やファイナンシャルプランナー、弁理士などは多少有利に働くかもしれません。

上記以外の資格を保有していて、M&A仲介業界に転職を検討している人は是非一度弊社までお問い合わせください。業界経験者が各社の資格保有者の状況や選考の傾向などをお話させていただきます。

無料で転職相談する

さて、第1位から第5位まで詳しく解説していきましょう。

第1位 公認会計士・税理士

輝かしい第1位は「公認会計士」「税理士」となります。

M&A仲介業では税務、財務、会計面の知識が非常に重要となります。会社の決算書を読んだり、税金の目安の計算をしたり、株価の算定方法を計算したりなど、それらの知識を活用する場面が多々あります。

そこで、公認会計士や税理士の資格を保有している方であれば、一定程度それらの知識を習得していると一般的には考えますので、M&A仲介業界に転職する上で有利に働きます。

第2位 弁護士

次に有利に働く資格は「弁護士」です。

M&A仲介業は、法務的な仕事と切っても切れない関係にあります。M&Aには様々なプロセスがあるのですが、多くのプロセスにおいて「契約書」というものが出現します。

初めのほうに出てくる契約書では、秘密保持契約書であったり仲介契約書、最後のほうに出てくる契約書では株式譲渡契約書などがあります。

上記のように、各フェーズで法務的な知識をもって対応することが求められるのです。

そこで、弁護士の資格を保有していると、法務的な対応は問題ないだろうと他の候補者よりも一歩リードした状態で選考に臨めることは間違いありません。

無料で転職相談してみる

第3位 中小企業診断士

次に有利に働く資格は「中小企業診断士」です。

M&A仲介における譲渡企業は主に中堅・中小企業となります。そして、中堅・中小規模である譲渡企業のビジネスモデルであったり、会社の強みや弱み、競合環境などを整理して譲受企業に提案しなければなりません。

そこで、中小企業診断士の資格を保有していることで、他の候補者と比較して企業分析やコンサルティング能力に長けていると捉えられがちですので、選考上有利に働くでしょう。

第4位 宅地建物取引士

この資格は少し意外かもしれませんが「宅地建物取引士」、いわゆる宅建を挙げさせていただきます。

理由としては、中小企業のM&Aでは想像以上に不動産が絡んでくることが多いです。先祖代々から土地を保有していてその土地に工場を建てていたり、都市計画法による建て替え制限があったり、不動産会社の案件があったりなどです。

そして、意外に土地関係によるトラブルはM&Aにおける価格減額要素になりがちです。あらかじめ不動産の知識がある方は、事前にその旨をクライアントに説明することでトラブルを未然に防ぐことができますが、そうでない場合は破談となってしまうケースもあります。

以上のことから、宅地建物取引士の資格を持っていることで、不動産関係の知識があると捉えられますので、他の候補者と比較したときに選考上有利に働くでしょう。

無料で転職相談してみる

第5位 簿記2級

最後に「簿記2級」です。簿記2級は、会計に関する基礎的な資格の一つです。

この資格は入社後に取得必須とするM&A仲介会社が多いですね。

事前に簿記2級を取得しておくことで、M&A仲介への興味関心が高いというアピールになるかもしれません。

M&A仲介に行きたい気持ちを口だけで語る人と実際にアクションをしてこのような資格を取得している方では、差は一目瞭然ですね。

もし選考までに時間の余裕のある方は、取得しておくと良いでしょう。

目安の勉強時間は250~350時間、約4~6カ月程度です。

まとめ

M&A仲介会社への選考において、有利に働く資格とそのランキングについて理解いただけましたでしょうか。

特に、実務面で役に立つ資格が有利に働く傾向にあります。

何も資格をもっていないけど、選考を有利に進めたいという方には、時間との兼ね合いもありますが、簿記2級の取得がおすすめです。

いずれにせよ必要な資格になりますし、約4~6カ月で取得できる資格です。時間に余裕のある方は取得しておいて損はないでしょう。

M&A仲介会社への転職ならユニークボックス

代表梶川の写真

4つの強みであなたの転職を成功に導きます!

  1. M&A業界特化型転職エージェント
  2. 大手M&A仲介会社出身のキャリアアドバイザーが多数在籍
  3. 実際に働いていたからこその綿密な面接対策で、高い内定率を実現
  4. 弊社独自の特別選考ルートを多数保有

\秘密保持の観点から記事には書けない転職情報も多数保有/

無料で転職相談する

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

TOP