今すぐにユニークボックスに相談したい方こちら!
選考対策

【M&Aコンサルタントの実体験】M&A業界への転職難易度解説

本記事はこんな方におすすめ

・M&A業界への転職難易度を知りたい人
・M&A業界に転職したいが、適切なタイミングを知りたい人
・M&A業界への転職を目指す人

そんな方のために、本記事では以下のことを解説します。

この記事を読むと分かること
  • M&A業界への転職難易度
  • M&A業界への転職の難しさ
  • M&A業界の転職を成功させるコツ

近年日本で唯一の成長産業とも呼ばれる中小企業向けのM&A業界。市場規模の拡大を背景に転職市場でも人気が高まっています。今回は、M&A業界に特化した転職エージェントである弊社がM&A業界への転職難易度を解説します。

代表梶川の写真

以下の実績を持つ筆者が徹底解説します

\筆者の実績/

・M&A仲介会社への転職に特化した転職支援サービスである合同会社ユニークボックス代表
・大手M&A仲介会社とベンチャーM&A仲介会社に勤務していた
・300名以上の方との面談を通して、M&A業界の転職を成功させるノウハウを確立

数多くの転職エージェントが存在していますが、「実際に勤務していたからこそ可能な独自の選考対策」が可能な会社はかなり少ないです。その中でも、弊社は大手とベンチャーの両方のM&A仲介会社で勤務したことがあるため、業界な稀有な存在として認知していただいています。

M&A業界への転職難易度は高いです

まずは、結論ですが、M&A業界への転職難易度は高いといえます。確かに市場が拡大していますが、採用数は絞られており、競争はかなり激しいです。

M&A業界への転職難易度が高い理由は以下の通りです。

  1. 基本的に1人か2人で行う仕事であり絶対的な人員数は多くなくても良いから
  2. 採用数は以前に比べて拡大しているが、選考を受ける人も増えているから
  3. M&Aコンサルタントとして活躍するには高いポテンシャルが求められるから

一つ一つ解説をしていきます

基本的に1人か2人で行う仕事であり絶対的な人員数は多くなくても良いから

M&A仲介業は、絶対的な人員数が必要なビジネスモデルではありません。少数で大きな仕事ができるという仕事上の面白さはありますが、転職という観点では転職者間での競争を激化させることにつながります。

代表梶川の写真

少人数で大きな仕事が実現できる数少ない仕事です!

この内容についてもっと詳しく知りたい方は、ほかの記事もチェックしてみてください!

採用数は以前に比べて拡大しているが、選考を受ける人も増えているから

市場の拡大に比例して、採用数も増加しています。しかし、以前は金融業界やキーエンス等のFA企業からの転職者しかいなかったことから、採用難易度は高いが倍率はそこまで高くないという状態でした。(銀行やキーエンス等が前職であれば採用される可能性が高く、逆にそれ以外であれば、内定を獲得することは困難だった)

現在は、事業会社にまで採用の扉が開かれていることから、選考を受ける方が激増しています。採用数の増加よりも選考を受ける方の方が圧倒的に増加率が高いので、採用難易度は高いと言えるでしょう。

代表梶川の写真

業界がますます盛り上がってますね!

無料で転職相談する

M&Aコンサルタントとして活躍するには高いポテンシャルが求められるから

M&Aコンサルタントの仕事で活躍するには高いポテンシャルが求められます。これには他の仕事には少ない、以下の要素があるからです。

  1. 顧客にとってかなり大きな意思決定をサポートする仕事だから
  2. 組織決定をさせる仕事があるから
  3. 自ら考え行動することが求められるから
  4. M&Aコンサルタントが扱う商材には実体がないから

一つ一つの要素は抽象的で分かりにくいと思うので、一つ一つ解説していきます。

代表梶川の写真

難しい仕事ですが、教育体制が整っている会社が多いので心配はいりません!

無料で転職相談する

顧客にとってかなり大きな意思決定をサポートする仕事だから

顧客にとってM&Aの意思決定はまぎれもなく大きな決断になります。売主にとっては、人生を掛けて成長させてきた会社を売却すること、買主にとっても数億、数十億という金額を支払うことになるため、しっかりと成約させるためには、高い人間力と交渉力、営業力が求められることには変わりありません。

組織決定をさせる仕事があるから

これは、上場会社が買い手になるような、大型の案件に限ったことですが、M&Aの仕事には組織決定をさせる場面があります。組織決定とは、役員会(取締役会)や投資委員会、経営会議など、主に買主の社内ルールに定められた意思決定プロセスを通過させていくことです。

組織決定と一般的な意思決定の違いは、意思決定にかかわるステークホルダーの多さです。組織決定の場合は、いろいろな立場の人がいろいろな意見をもって、M&Aをするか否かという意思決定を行います。M&Aコンサルタントは、過去の組織決定の決定例、キーマン、社内政治、根回し等、全てを把握したうえで、組織決定を促します。

自ら考え行動することが求められるから

M&Aコンサルタントは自ら考え行動することが求められます。もちろんベーシックなM&Aのやり方や基礎は会社が教えてくれますが、顧客の心情に応じた交渉術や業界特有のポイントは誰も教えてくれません。みずから考え、調べ、行動する必要があるのです。

事業会社の営業など、マニュアルに基づいた営業や、ルート営業をしてきた方が未経験で転職するとこの点に躓くことが多くあります。

M&Aコンサルタントが扱う商材には実体がないから

M&Aコンサルタントは、会社と会社の売買を仲介する仕事です。会社は、お金と資産と人の塊であるため、メーカーなどと違い実態がありません。これは、M&Aコンサルタントの提案の仕方や段取りよって、案件の成否が変わることを意味します。

無料で転職相談する

まとめ

今回の記事では、M&A業界の転職難易度について解説しました。転職マーケットや仕事内容など、複数の切り口で転職難易度を考えてみました。

現在、M&A業界はいろいろな業界、バックグラウンドの方に門戸を開いているため、この記事を読んでも挑戦したい、俺なら私なら活躍できる、と考えた方全員に入社の可能性があります。

M&A仲介会社への転職ならユニークボックス

代表梶川の写真

下記の強みが、あなたの転職を成功に導きます!

  1. M&A業界特化型転職エージェント
  2. 大手M&A仲介会社出身のキャリアアドバイザーが多数在籍
  3. 実際に働いていたからできる綿密な面接対策で、高い内定率を実現
  4. 弊社独自の特別選考ルートを多数確保

\秘密保持の観点から記事には書けない転職情報も多数保有/

無料で転職相談する

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

TOP