今すぐにユニークボックスに相談したい方こちら!
M&A業界の給料

【2024年更新】M&A業界が年収ランキングで上位の理由は?転職成功のコツと仕事内容を徹底解説

本記事はこんな方におすすめ

・M&Aコンサルタントの年収が高い理由を知りたい人
・M&A仲介業界への転職を検討している人
・M&Aコンサルタントの給与体系について知りたい人

そんな方のために、本記事では以下のことを解説します。

この記事を読むと分かること
  • M&Aコンサルタントの年収が高い理由
  • M&Aコンサルタントの給与体系
  • M&Aコンサルタントのイメージ年収

代表梶川の写真

以下の実績を持つ筆者が徹底解説します

\筆者の実績/

・M&A仲介会社特化型の転職エージェントの社長
・大手M&A仲介会社、ベンチャーM&A仲介会社で勤務経験あり
・300名以上の転職サポート経験でM&A業界への転職成功ノウハウを確立

数多くの転職エージェントが存在していますが、「実際に勤務していたからこそ可能な独自の選考対策」が可能な会社はかなり少ないです。その中でも、弊社は大手とベンチャーの両方のM&A仲介会社で勤務したことがあるため、業界な稀有な存在として認知していただいています。

無料で転職相談してみる

M&A仲介会社への転職ならユニークボックス

代表梶川の写真

下記の強みが、あなたの転職を成功に導きます!

  1. M&A業界特化型転職エージェント
  2. 大手M&A仲介会社出身のキャリアアドバイザーが多数在籍
  3. 実際に働いていたからできる綿密な面接対策で、高い内定率を実現
  4. 弊社独自の特別選考ルートを多数確保

\秘密保持の観点から記事には書けない転職情報も多数保有/

無料で転職相談する

M&Aコンサルタントの年収が高い理由3選

M&Aコンサルタントの年収が高い理由としては、以下の3つがあります。

まずは結論!
  • 年功序列ではなく成果主義の給与体系
  • M&A仲介業のビジネス構造
  • 仕事の難易度が高い

それぞれについて、以下から解説をしていきます。

年功序列ではなく成果主義の給与体系

まず、M&Aコンサルタントの給与体系は、固定給+インセンティブという設計になっています。インセンティブとは、個人売上(=成約手数料)の一部が青天井に支払われる仕組みになっており、この給与制度が年功序列ではなく、成果主義の給与体系となっている理由です。例として、日系の大手企業などは、年齢や社歴に応じて、基本給が徐々に上がっていき、それに応じて賞与も上がる(基本給の3カ月分など)という給与体系かと思います。従って、日系大手企業の給与は年齢や社歴の長さと相関する年功序列になります。しかし、M&Aコンサルタントの場合、賞与は基本給の3カ月分などど決められている訳ではなく、自身の成果に応じた賞与(インセンティブ)となります。従って、年齢や社歴に関係なく、成果を出した人は年収が高くなるという仕組みなのです。従って、20代、30代であっても年収5000万円や年収1億円と夢のような年収を狙うことが可能です。

M&A業界特化型転職エージェントのユニークボックスでは、全M&A仲介会社のインセンティブ制度のデータを有しています。具体的なインセンティブ制度を知った上で転職活動したい方は、弊社のキャリアアドバイザーまでお気軽にご相談ください。

無料で転職相談してみる

M&A仲介業のビジネス構造

M&A仲介業は、設備やシステムを販売している訳ではなく、一人のM&Aコンサルタントが体一つで売上を上げるビジネスモデルのため、最も大切な投資は人への投資となります。優秀な社員には長く働いて欲しい、納得感をもって働いて欲しい、といった経営陣の考えから、M&Aコンサルタントの給与が高くなるという傾向にあるでしょう。また、M&A仲介業界のマーケット環境が活況であることも要因の一つです。M&Aの仲介手数料は2022年、2023年と比較して上昇傾向にあります。これが意味する事としては、需要と供給のバランスでは、需要の方が多い状況といえるでしょう。

M&A仲介のビジネスモデルを表した図

仕事の難易度が高い

M&Aコンサルタントは難易度の高い仕事であり、誰にでも出来る仕事ではありません。誰にでも出来る仕事の場合には、供給側が増えるので、給与も下がってしまうでしょう。M&Aコンサルタントの仕事が難しい理由は、百戦錬磨のオーナー経営者に対して営業をし、会社の売買という最も重い意思決定のサポートをするからだと筆者は考えています。立場としては、アドバイザーといった立場で、両社の間に立ってアドバイスをしていきます。案件の途中では、オーナー経営者の気持ちが揺らぐ事や不測の事態が起こることが多々あります。そのような中でも、M&Aコンサルタントは気持ちを切らすことなく、忍耐強く仕事をしていく必要があるのです。

M&A業界特化型転職エージェントのユニークボックスでは、実際に大手M&A仲介会社の勤務していた経験を元に、仕事の面白さや難しさを解説しています。お気軽にご相談ください。

無料で転職相談してみる

M&A業界の平均年収ランキング

M&A業界の平均年収ランキングは、以下の通りです。

  • 第1位:M&Aキャピタルパートナーズ
  • 第2位:ストライク
  • 第3位:日本M&Aセンター

各社について、解説をしていきます。

第1位:M&Aキャピタルパートナーズ

M&Aキャピタルパートナーズは、M&A業界だけでなく日本の上場企業の中でもトップの年収を誇っており、平均年収は3,161万円です。普通の感覚ではあり得ない数字となっていますが、M&A業界では可能性のある数字なのです。補足となりますが、M&Aキャピタルパートナーズにおいて1年目社員(未成約)の平均年収は820万円、在籍1年以上の社員の平均年収は4,106万円となっています。M&Aキャピタルパートナーズの平均年収が高い理由としては、成約単価が非常に高い事が理由です。M&A仲介においては、案件のサイズ(譲渡価格)が大きくなるにつれて、手数料も高くなります。M&Aキャピタルパートナーズの場合、平均の株式譲渡価格が15億円を超えている(業界平均としては3~5億円)ため、他仲介会社と比較して手数料が高くなり、それに伴ってインセンティブ額が高くなる、平均年収が高くなるという仕組みなのです。

M&A業界特化型転職エージェントの、ユニークボックスは、M&Aキャピタルパートナーズ様の公式認定エージェントに選定いただいています。M&Aキャピタルパートナーズへの転職ならユニークボックスをご利用ください!

無料で転職相談してみる

第2位:ストライク

ストライクの平均年収は、1,514万円です。ストライクは紹介ネットワークの構築により、安定して成長している事が特徴です。M&Aコンサルタントは、紹介案件(金融機関や税理士法人、公認会計事務所からの案件)とダイレクト案件(DMやテレアポからの案件)を半々くらいで担当するイメージです。また、大型案件にも強みを持っている事も特徴です。全案件に対する大型案件の割合では、M&Aキャピタルパートナーズに分がありますが、大型案件の数ではM&Aキャピタルパートナーズと同様の件数があります(大型案件の定義とは、成約手数料で1億円以上の案件を指します)。従って、ストライクは大型案件にも取り組むことができますし、紹介ルートも豊富にありますので、安定した成約件数を積み重ねつつ、高年収を狙うことができる会社です。

ストライクは、筆者が元々在籍していた会社です。内情も含めて非常に詳しい(というか実際に働いていた)ので、ストライクの転職は弊社キャリアアドバイザーにお任せください!

無料で転職相談してみる

第3位:日本M&Aセンター

日本M&Aセンターの平均年収は、1,114万円です。日本M&Aセンターは、業界最大手のM&A仲介会社で、M&A業界を創ったといっても過言ではありません。日本M&Aセンターもストライクと同様、紹介案件のルートが豊富であり、全国の金融機関や税理士法人、会計事務所と提携しています。またダイレクト案件にも強みをもっており、業界最大手のネットワーク力、提案力を武器に事業展開をしています。日本M&Aセンターが提供するM&Aコンサルティングは、売り手と買い手が分業している社内FAのような形態でサービス提供しています。年収については、M&A仲介会社の中では固定給が最も高く安定していることが特徴です。従って、高い水準で安定した生活を送りつつM&Aアドバイザーとして仕事をしたいという方におすすめな会社です。

日本M&Aセンターは、弊社の中でもトップクラスに決定数が多い会社です!日本M&Aセンターへの転職ならユニークボックスにご相談ください

無料で転職相談してみる

M&A業界の中途転職事情

M&A業界は、市場の拡大と共に、採用を積極的に進めています。ここでは、求める人物像・スキル、そして各社の採用人数などについてお話します。

求める人物像・スキル

求める人物像・スキルとしては、以下の通りです。

求める人物像

ここでは各社が求めている人物像の代表例を挙げていきます。

求める人物像
  • コミュニケーション能力が高い
  • やりきる力がある
  • 知的好奇心が高い
  • 地頭が良く理解が早い
  • 素直で元気で明るい

求めるスキル

特段、スキルというスキルは不要ですが、以下の経験やスキルがある方については、優遇されている印象です。

求めるスキル
  • 法人営業経験2年以上
  • 営業において上位5%以上の成績を出した経験
  • コンサルティングファームでの就業経験
  • 会計士、弁護士などの国家資格を保有
  • 金融機関での就業経験
  • 起業した経験

各社の採用人数

各社の採用人数としては、上場会社の場合は通期で50人~200人となっています。毎月毎月入社するアドバイザーが入ってくるイメージであり、多い月で20名以上の入社もあるそうです。未上場会社の場合には、規模感にもよりますが、現状の従業員に対して20%~40%を新規で採用計画を立てている会社が多いでしょう。採用のタイミングとしては通期採用になりますが、時期によって入りやすい時、入りにくい時があるので、M&A業界への転職を検討している人は、お早めにご相談ください。

無料で転職相談してみる

M&A仲介会社への転職難易度

M&A仲介会社への中途入社の転職難易度は、高いといえます。M&A業界への転職難易度が高い理由は以下の通りです。

  • 基本的に1人か2人で行う仕事であり絶対的な人員数は多くなくても良いから
  • 採用数は以前に比べて拡大しているが、選考を受ける人も増えているから
  • M&Aコンサルタントとして活躍するには高いポテンシャルが求められるから

一つ一つ解説をしていきます

基本的に1人か2人で行う仕事であり絶対的な人員数は多くなくても良いから

M&A仲介業は、絶対的な人員数が必要なビジネスモデルではありません。コンサルティングファームのように大人数や他社コンサルタントがプロジェクトにアサインされるという事はなく、少数で大きな仕事をしていきます。これが、転職という観点では転職者間での競争を激化させることにつながります。

採用数は以前に比べて拡大しているが、選考を受ける人も増えているから

市場の拡大に比例して、採用数も増加しています。しかし、以前は金融業界やキーエンス等のFA企業からの転職者しかいなかったことから、採用難易度は高いが倍率はそこまで高くないという状態でした(銀行やキーエンス等が前職であれば作用される可能性が高く、逆にそれ以外であれば、内定を獲得することは困難だった)。現在は、事業会社にまで採用の扉が開かれていることから、選考を受ける方が激増しています。採用数の増加よりも選考を受ける方の方が圧倒的に増加率が高いので、採用難易度は高いと言えるでしょう。

M&Aコンサルタントとして活躍するには高いポテンシャルが求められるから

M&Aコンサルタントの仕事で活躍するには高いポテンシャルが求められます。これには他の仕事には少ない、以下の要素があるからです。

  • 顧客にとってかなり大きな意思決定をサポートする仕事だから
  • 組織決定をさせる仕事があるから
  • 自ら考え行動することが求められるから
  • M&Aコンサルタントが扱う商材には実体がないから

M&A業界への転職難易度は高いですが、数年前に比べると入りやすくなった印象です。以前挑戦してダメだったけど、今なら!と言う人や、新卒で挑戦して縁がなかったけど、中途でなら!と言う人の相談も増えました。お気軽にご相談ください。

無料で転職相談してみる

M&A業界は激務か?

転職を希望する方からいただく質問に多いのは、「M&A業界は激務ですか」という質問です。激務という点にフォーカスして解説をしていきます。

結論、M&A業界は激務です

激務という結論ですが、実態としては激務な時もあれば、落ち着いた時もあるという形です。理由は、案件次第で、どうしても激務になってしまう時があるからです。基本的に長時間労働を推奨している会社ではないため、毎日終電で帰るなんてことはありませんが、成果が上がっている人であればあるほどクロージングが近い時期も多いため、その場合は激務だなと感じることも多いでしょう。

激務になる理由

  • クライアントファーストが求められる仕事だから
  • 営業力が求められる会社だから
  • 激務な環境を求めている人が転職してくるから

それぞれ解説していきます。

クライアントファーストが求められる仕事だから

激務になる理由としては、これが一番大きいでしょう。クライアントファーストになるつまり、案件の進捗次第で働き方も決まるということです。私がM&Aコンサルタントとして働いていた時も、前から予約していた旅行をキャンセルして仕事をしたことがあります。でも、これは会社の方針というよりは、案件の進捗に基づくことです。M&Aの仕事は、1日でも遅らせることができない、週明けでは遅い、という緻密なスケジュール管理が求められる仕事であるため、クライアントファーストで激務になるのです。

営業力が求められる会社だから

M&Aアドバイザリーの仕事は、ダイナミックさがある魅力的な業務ですが、一方で営業力が求められる仕事でもあります。そのため、DMや電話といった地道な営業活動が求められるのです。そうすると、必然とそれのために使う事務的な時間が発生します。

激務な環境を求めている人が転職してくるから

仕事の思考性として、そもそも激務な環境を求めている方が転職してくることが理由として挙げられます。ガツガツ働いて、ガツガツ稼ぎたいという方にとっては、激務か否かなんて関係ないですからね。

M&A業界特化型転職エージェントのユニークボックスであれば、実際に大手M&A仲介会社で勤務していた経験に基づいて、M&A業界の働き方をご説明させていただきます。お気軽にご相談ください。

無料で転職相談してみる

M&A仲介業界に向いてるのはどんな人?

まず、M&A仲介業界に向いている人はどんな人か?について説明をしていきます。業界経験者である筆者が周りのプレイヤーを見ていて、結果を出している人に共通する特徴を3つあげていきます。

表題
  1. 結果にストイック
  2. 知的好奇心が強い
  3. コミュニケーション力が高い

それぞれの特徴について、以下から詳しく解説していきます。

1.結果にストイック

まず第一に「結果にストイック」という事を挙げさせていただきます。M&A仲介業界は良くも悪くも自分の裁量で仕事ができてしまう業界です。そのような中で、自分にムチを打って、結果に対してストイックになれる人が活躍している印象です。「テレアポを毎日○○件やると決めたら絶対にやる」であったり「今年度は成約を○件する。そのために日々のアクションは△△をやる」など、一度決めたことは絶対にやり切る力のある人という事です。言い換えたら、やり切る力や根性みたいな事かもしれませんね。

2.知的好奇心が強い

次に、「知的好奇心が強い」という事を挙げさせていただきます。M&Aアドバイザーに求められる業務範囲や知識、能力は広く、総合格闘技なんて言われたりもしますね。例えば、財務会計、税務、法務、そして譲渡企業、譲受企業のビジネスを理解する力、交渉やファシリテーション能力などが必要とされます。また、お客様から多額のフィーを頂く訳ですから、それに見合った知識であったり能力を身に着ける必要があり、お客様はそれを期待してアドバイザーに依頼しています。そのような知的労働が求められる環境下において、知的好奇心が強くないと徐々にお客様からの信頼を失っていき、アドバイザーとして活躍することは難しくなってしまいます。一方で、知的好奇心が強い方はどんどん知識を身に着けて社内外ともに信頼される人材となり、活躍している印象です。

3.コミュニケーション力が高い

最後に、「コミュニケーション力が高い」という事を挙げさせていただきます。抽象的な表現ではありますが、M&Aは人と人とのコミュニケーションの上に成り立つので、コミュニケーション力は必要です。具体的に、お客様が発信する言葉を意図を含めて正確に汲み取る力であったり、物事を正確に伝える力、またお客様が求めている事をしっかりと認識してそこからズレないような発言や提案などができる力だったりします。M&Aはセンシティブな事なので、最初からお客様はハッキリと要望であったり意見を伝えてくれない事も多いです。そんな中、数少ないキーワードからお客様が考えている事を拾っていったり、確認したり、それを相手側に上手く伝える能力が必要だったりします。決して、コミュニケーション力とは、飲み会を盛り上げる力だけではないので勘違いしないようにしてください。しかし、提携先との会話であったり、社長との距離を詰めるためにはそのような能力も必要だったりするので、総じて「コミュニケーション力が高い」人がM&A仲介に向いていると思われます。

詳細を聞きたい方は、M&A業界特化型転職エージェントの弊社キャリアアドバイザーに直接ご相談ください。

無料で転職相談してみる

高年収のM&A業界へ転職成功する4つのコツ

M&A業界へ転職を成功させる3つのコツとしては、以下のポイントがあります。

転職成功のコツ!
  • M&A業界の理解を深める
  • 志望動機を明確にする
  • 自身がアピールできるポイントを整理する
  • M&A業界特化型の転職エージェントを活用する

一つずつ解説していきます。

M&A業界の理解を深める

業界の構造や仕事の内容などの解像度を高めるところからスタートしていきましょう。M&A業界や仕事内容が理解できていないのにも関わらず、面接に挑むと面接官の意図しているところが分からなく会話が嚙み合わずに、見送りになってしまう可能性が非常に高いです。特に、FAS業界やIBDと混合してしまう人が一定いますので、注意しましょう。業界や仕事内容を理解するためには、M&Aに関する本を購入することや、ネットでM&Aの転職にまつわる記事を読むこと、Youtbeで動画コンテンツを見ることなどをおすすめします。未経験の方でM&A業界への転職を成功させる方に共通していることは、M&A業界への解像度が非常に高いということです。業界理解の努力を怠ることなく、転職活動を進めることを強くおすすめします。

志望動機を明確にする

なぜM&A仲介会社に入社したいのか?ということを明確にし、言語化しましょう。この志望理由が腑に落ちないと、面接官からの評価は悪くなってしまいます。志望動機の内容によって、優劣がつくということはあまりないので、オリジナルな理由で構わないので、その理由を深堀するようにしましょう。

以下に志望動機の例を挙げてみます。

  1. 後継者不在問題を肌で感じたので解決したい
  2. 実績に見合った報酬が欲しい
  3. 優秀な営業マンが集う環境で勝負してみたい
  4. 将来起業したい

未経験者の方の8割以上が上記の志望動機となっており、その中でもオリジナリティを出しながら伝えて内定を獲得しています。

自身がアピールできるポイントを整理する

スキルの棚卸です。今までの経験から、ご自身ができることや得意とすることを見つけていきましょう。そして、それらがM&A仲介の仕事にどう活きるのか、どのように活かせるのかを考えて、自己PRそして強みを考えていくようにしましょう。その際、弊社のキャリアアドバイザーに頼っていただくことも得策です。ご自身で考えていなかった強みや特徴がアピールポイントになることもあります。M&A仲介会社の面接や転職において実績のある弊社だからこそ出来るアドバイスですので、気になる方は弊社までお問い合わせください。M&A仲介に活かすことのできない、もしくは活きることがない強みをアピールしても、M&A仲介会社の面接では何一つポジティブにはならないので、注意が必要です。

M&A業界特化型の転職エージェントを活用する

M&A業界特化型エージェントの場合には、M&Aの仕事についても正確に理解することができますし、会社ごとの特徴についても丁寧に教えてもらうことができるでしょう。また、面接情報においても、業界に特化しているため情報の質が高く、業界特化型エージェントを活用しない理由はありません。その中でも、弊社ユニークボックスが提供する無料転職サービスは、キャリアアドバイザーが全員M&A業界経験者という事から、どのアドバイザーであっても正確に仕事内容をお伝えすることができるので、おすすめです。また、独自の非公開求人を保有していることや、面接情報についても長年培ってきたデータが膨大にありますので、その情報を基に面接対策ができるので内定率が高く、おすすめです。

M&A業界の転職なら、元M&Aアドバイザーが直接転職支援する、ユニークボックスにお任せください

無料で転職相談してみる

まとめ

M&A業界の年収がなぜ高いか?という事について、徹底解説をしていきました。M&A業界は、業界構造やビジネスモデルの観点から高年収になりやすい業界であり、業界ごとの平均年収ではNo.1の業界であることは間違いありません。M&A業界は業界としても成長を続けており、後継者に悩む中小企業や事業承継問題が増えている中で、M&A仲介業者の数も増加で推移しています。それに伴って、転職市場も活況です。M&A業界にご関心のある方は、ユニークボックスまでお問い合わせください。業界経験者による転職支援で、M&A業界への転職を実現しましょう。直近では、第二新卒の採用状況も活発ですので、そのような場合であってもお気軽にお問い合わせください。

M&A仲介会社への転職ならユニークボックス

代表梶川の写真

下記の強みが、あなたの転職を成功に導きます!

  1. M&A業界特化型転職エージェント
  2. 大手M&A仲介会社出身のキャリアアドバイザーが多数在籍
  3. 実際に働いていたからできる綿密な面接対策で、高い内定率を実現
  4. 弊社独自の特別選考ルートを多数確保

\秘密保持の観点から記事には書けない転職情報も多数保有/

無料で転職相談する

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

TOP