今すぐにユニークボックスに相談したい方こちら!

【最難関】M&Aキャピタルパートナーズに新卒で入社するには?

本記事はこんな方におすすめ

・M&A業界に新卒で入社したい人
・M&Aキャピタルパートナーズに新卒で入社したい人
・M&Aキャピタルパートナーズについて調べている就活生

そんな方のために、本記事では以下のことを解説します。

この記事を読むと分かること
  • M&Aキャピタルパートナーズについて
  • M&Aキャピタルパートナーズの就職難易度
  • M&Aキャピタルパートナーズの新卒情報

近年、成長意欲の高い学生からの注目度が上がっているのが、M&A仲介業界です。その中でも、平均年収ランキング1位であるM&Aキャピタルパートナーズは、抜群の人気を誇ります。

その一方で、入社難易度はトップレベルであり、「逆にどんな人なら入社できるんですか?」なんていう質問をいただくほどです。

M&Aキャピタルパートナーズに新卒で入社する方法について徹底的に解説をしていきます。

代表梶川の写真

以下の実績を持つ筆者が徹底解説します

\筆者の実績/

・M&A仲介会社への転職に特化した転職支援サービスである合同会社ユニークボックス代表
・大手M&A仲介会社とベンチャーM&A仲介会社に勤務していた
・300名以上の方との面談を通して、M&A業界の転職を成功させるノウハウを確立

数多くの転職エージェントが存在していますが、「実際に勤務していたからこそ可能な独自の選考対策」が可能な会社はかなり少ないです。その中でも、弊社は大手とベンチャーの両方のM&A仲介会社で勤務したことがあるため、業界では稀有な存在として認知していただいています。

M&Aキャピタルパートナーズはどんな会社?

M&Aキャピタルパートナーズは、大手M&A仲介会社の1社です。売上高では業界2位の規模を誇っています。

大型案件に強みを持っており、DHC×オリックスの案件を手掛けたことでも有名です。

会社概要は以下の通りです。

会社名M&Aキャピタルパートナーズ株式会社
代表取締役中村悟
設立2005年10月
従業員数(連結)270名(単体)206名 (2023年9月30日現在)
住所(本社)〒104-0028東京都中央区八重洲二丁目2番1号東京ミッドタウン八重洲 八重洲セントラルタワー36階
(大阪オフィス)〒530-0001大阪府大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエストオフィスタワー19階
ホームページhttps://www.ma-cp.com/
連絡先03-6770-4300
通称MACPキャピタル
事業内容M&A仲介事業

M&Aキャピタルパートナーズの難易度が高い理由

M&Aキャピタルパートナーズの難易度が高い理由は以下の2つがあります。

  1. 採用数が少ないから
  2. 新卒なのに即戦力が求められるから

一つ一つその背景を解説していきます

採用数が少ないから

そもそも、M&A仲介業界が新卒採用を始めたのは、この数年です。M&Aキャピタルパートナーズも新卒採用は去年から開始した状況です。

採用基準が最も厳しい会社で、採用数は数名です。

年間M&Aキャピタルパートナーズの選考を受ける方は5,000から10,000くらいいると想定されるので、その中で採用されるのはかなり至難の業なわけです。

新卒なのに即戦力が求められるから

新卒でも即戦力が求められる理由としては、M&Aという仕事が年齢関係なく実力主義な会社だからです。実力主義というといいイメージがあると思いますが、新卒で入社した22歳、23歳の新人も、他社で圧倒的な成果を上げて転職してくる中途社員とも、おなじフィールドで戦わなければならないため、自動的に即戦力が求められる状況になるわけです。

もちろん、育成制度はありますが、やはりOJTメインになるため、その点でも即戦力が求められると言えるでしょう。

中途並のビジネス感覚やセンスが求められるので、M&Aキャピタルパートナーズの採用基準に当てはまる学生はそもそも稀有と言えるでしょう。

M&Aキャピタルパートナーズが面接を通じて見ているポイント3つ

M&Aキャピタルパートナーズが選考を通じて見ているポイントは以下の3つであると考えられます。

  1. オーナー企業経営者と対峙するコミュニケーション能力を有しているか
  2. ビジネスセンスやM&Aアドバイザーとしてのセンスを持ち合わせているか
  3. 世界最高峰の投資銀行を目指すというビジョンに共感し、世界最高峰を目指す気概があるか

一つ一つ解説をしていきます。

オーナー企業経営者と対峙するコミュニケーション能力を有しているか

M&Aコンサルタントとして最も重要なことは、経営者の懐に入るコミュニケーション能力や、人間性を持っているかです。

知識面や交渉力も重要ではありますが、まず一番重要なことは、この部分です。

理由は、M&Aキャピタルパートナーズの看板は強大ですが、やはり顧客はそのコンサルタントの仕事に対する姿勢やレベルを見てM&Aの仕事を依頼するか決めるからです。

面接を通じて、この部分はかなりみられます。

ビジネスセンスやM&Aアドバイザーとしてのセンスを持ち合わせているか

先ほども申し上げたとおり、M&Aキャピタルパートナーズは、育成制度がしっかりしているとはいえ、即戦力としてすぐに活躍することが求められます。

その点で、あらかじめビジネスセンスを持っているかたや、M&Aアドバイザーに必要なセンスを持っているかも見られると考えれらます。

M&Aアドバイザーに必要なセンスとは、相手の気持ちを推察する力や、困難なこともなんとかする力が含まれますが、文字では表しにくいので、気になる方は弊社にご相談ください。

世界最高峰の投資銀行を目指すというビジョンに共感し、世界最高峰を目指す気概があるか

M&Aキャピタルパートナーズは、世界最高峰の投資銀行になるというビジョンを掲げていらっしゃいます。世界最高峰の投資銀行への道のりは険しいですが、そのビジョンに共感し共に走ってくれる覚悟や気概を持っているかたを求めていらっしゃいます。

M&Aキャピタルパートーナーズの内定を獲得する方法

M&Aキャピタルパートナーズの内定を獲得する方法として、以下の方法があります。

  1. 長期インターンで圧倒的な成果を出す
  2. サークルの立ち上げや起業などの、0→1の経験をする
  3. 特定の分野で1位になる

それぞれ弊社がこのように考える理由を解説します

長期インターンで圧倒的な成果を出す

冒頭で申し上げた通り、M&Aキャピタルパートナーズの選考では、すぐにM&Aアドバイザーとして活躍できるかという点を見ています。

その点では、新規営業系の長期インターンシップに取り組み、圧倒的な成果を出すことがアピールできるになるのです。

代表梶川の写真

M&A仲介会社の長期インターンシップは特におすすめです

現にM&Aキャピタルパートナーズの内定者には、インターンシップで成果を出した方が多いです。

2026年卒や2027卒の方で、M&Aキャピタルパートーナーズの内定を獲得したい方は、新規営業系の長期インターンシップに取り組むことが得策でしょう。

サークルの立ち上げや起業などの、0→1の経験をする

M&A仲介の仕事は、電話やDMをして、新規のアポイントをとり、受託をして、M&Aを成約させていく、まさに0→1力が求められる力です。

そのような推進力や生み出す力を持っている方はM&Aアドバイザーとしても活躍することが想定されるため、面接では非常に評価されます。

特定の分野で1位になる

M&Aキャピタルパートナーズは、世界最高峰の投資銀行を目指していらっしゃいます。その中で、トップになった経験を持っている方は、社会人としてもトップを目指せるという考えに基づき、スポーツでもアルバイトでも何かしらで1位になった経験を持っている方は非常に評価されます。

M&Aキャピタルパートナーズの選考を有利に進める方法

M&Aキャピタルパートナーズの選考を有利に進めたい方は、ぜひ弊社の就活支援サービスを活用してください。

すでに内定実績が出ている、弊社のサポートを活用することで、他の就活生よりも圧倒的に差をつけることができます

M&A仲介会社への転職ならユニークボックス

代表梶川の写真

下記の強みが、あなたの転職を成功に導きます!

  1. M&A業界特化型転職エージェント
  2. 大手M&A仲介会社出身のキャリアアドバイザーが多数在籍
  3. 実際に働いていたからできる綿密な面接対策で、高い内定率を実現
  4. 弊社独自の特別選考ルートを多数確保

\秘密保持の観点から記事には書けない転職情報も多数保有/

無料で転職相談する

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

TOP