今すぐにユニークボックスに相談したい方こちら!
新卒の方向け記事

【実体験】M&A業界に新卒で入社して感じたメリット3選

本記事はこんな方におすすめ

・新卒でM&A業界に入りたい方
・新卒でM&A業界に入るか迷っている方
・新卒でM&A業界に入るメリットとデメリットを知りたい方

そんな方のために、本記事では以下のことを解説します。

この記事を読むと分かること
  • 新卒でM&A業界に入るメリット
  • 新卒でM&A業界に入るデメリット

筆者は実際にM&A業界に新卒で入っていますが、現在独立していることからも分かるように、M&A業界に入社して本当にビジネスマンとして成長することができたと考えています。

今回の記事では、M&A業界に入るメリットやデメリットを実体験に基づいて解説します。

代表梶川の写真

以下の実績を持つ筆者が徹底解説します

\筆者の実績/

・M&A仲介会社への転職に特化した転職支援サービスである合同会社ユニークボックス代表
・大手M&A仲介会社とベンチャーM&A仲介会社に勤務していた
・300名以上の方との面談を通して、M&A業界の転職を成功させるノウハウを確立

数多くの転職エージェントが存在していますが、「実際に勤務していたからこそ可能な独自の選考対策」が可能な会社はかなり少ないです。その中でも、弊社は大手とベンチャーの両方のM&A仲介会社で勤務したことがあるため、業界な稀有な存在として認知していただいています。

新卒でM&A仲介会社するメリット

新卒でM&A仲介会社に入社した筆者が考えるメリットは以下の3つです。

メリット
  • 若手の年次から経営者を相手にした仕事ができる
  • 完全実力主義のフラットな環境で思う存分仕事ができる
  • 顧客から直接お礼を言っていただける

若手の年次から経営者を相手にした仕事ができる

これが最大のメリットだといえると思います。M&Aの仕事の相手は経営者です。駆け出しのビジネスマンが百戦錬磨の経営者を相手に業務を行うことは、困難がつきものですが、困難を乗り越えた先の達成感と成長はかけがえのないものとなります。

完全実力主義のフラットな環境で思う存分仕事ができる

近年、働き方改革の推進等で多くの企業で残業時間が制限されるなど、労働者にやさしい社会になりつつあります。一方でバリバリ働いて力をつけたいと意気込んでいる若手のビジネスマンに取っては、やや仕事がしにくいと感じるケースもあるようです。本末転倒のように感じますね。

M&A仲介の業界は、完全実力主義であるため、自分の時間の使い方について裁量をもって仕事ができる会社が多いです。もちろん、自由であることは、甘くない環境であることの裏返しでもあるため、プレッシャーやストレスもかかりますが、M&Aが成約したときの喜びは言葉で表せないものがあります。

顧客から直接お礼を言っていただける

M&Aは、売り手にとっても買い手にとっても、非常に大きな意思決定です。特に売り手の経営者にとってM&Aコンサルタントは、人生のターニングポイントに寄り添う重要なポジションとなります。だからこそ、M&Aが全てまとまった時には、「本当にありがとう」と心から感謝していただくことができます。筆者は、心から「ありがとう」と言ってくれる仕事はそう多くないのではないかなと考えていますが、間違いなくM&A仲介の仕事はその一つです。

新卒でM&A仲介会社するデメリット

実際に新卒でM&A仲介会社に入社した私が考えるデメリットはあまりありませんが、強いて言うのであれば、常に高いレベルが要求される仕事内容や働きかたに適性が無い方は、仕事をしていくことがつらいと感じてしまうことです。まだまだ、他社で経験を積み活躍してきた中途入社組が多いM&A仲介業界で、新卒入社組が生き残っていくには困難がつきものです。しっかりと自己分析をして、ミスマッチを防ぎましょう。

まとめ

今回の記事では、筆者が実際に新卒でM&A仲介会社に入社した実体験に基づいて、新卒でM&A仲介会社に入社するメリットとデメリットを解説しました。三つのメリットを解説しましたが、総じて圧倒的にビジネスマンとして成長できる業界であるということがポイントです。

M&A仲介会社への転職ならユニークボックス

代表梶川の写真

下記の強みが、あなたの転職を成功に導きます!

  1. M&A業界特化型転職エージェント
  2. 大手M&A仲介会社出身のキャリアアドバイザーが多数在籍
  3. 実際に働いていたからできる綿密な面接対策で、高い内定率を実現
  4. 弊社独自の特別選考ルートを多数確保

\秘密保持の観点から記事には書けない転職情報も多数保有/

無料で転職相談する

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

TOP